猫に飲み薬。難易度高いな。

猫の飲み薬が処方された際、飲ませ方を教わったのですが

これが難しい。

最近のお薬は猫も喜ぶ味付けで喜んで食べる子もいますよ。

と、言われたので

そのまま食べる?と、猫に聞いたら

私はグルメだからそんなジャンクフードは遠慮します。と言いたげ。

案の定、口に放り込んだら、「ペッ!」

口の奥に入れたら舌を上手に動かして「ベ~!」

こんな時は、ちゅ~る等でごまかすのもありとのアドバイスもあり

薬にたっぷりちゅーるをぬりぬり

姫、これで如何でしょうか。

すると周りのちゅーるだけぺろぺろ。

そういえばこの子、餌を混ぜると好きな餌を見事に分けて食べれる器用な子でした。(チャーハンのグリンピースだけ食べないみたいな)

更にもう一つ、薬をつぶして混ぜ込むアドバイスも頂いたので

潰してちゅーるに混ぜ込むと、、、

見事、食べない・・・

仕方ない。強硬手段。

抱っこして口の奥に放り込み、すぐにちゅーるを鼻にペトッ

フフフ 人間の勝ち!

ああ~これを朝と晩か。

すると、この子 2回目は、抱っこと、ちゅーるを待っている・・・

と、言う事は確信犯の猫の勝ちか。。。

参りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です